あなたの音楽レッスン探しを手助けする総合情報サイト

>

楽器選びから教室選びまであなたの音楽レッスンを全面サポート

大人になってから始める音楽

大人になってから楽器を始めるとどうしても指の動きなどがスラスラと動くようになるまで時間がかかります。基礎ができるまで、退屈な練習ばかりやらされると飽きてしまう人も出てきます。そんな時には、先生に頼んで、自分の今のレベルで弾けるように、じぶんの好きな曲をアレンジしてもらうとよいですね。俄然練習が楽しくなってきます。

とにかく楽しく練習できれば自然と練習回数や時間も増えてきますから、進歩もずっと早くなります。玄人はだしの力を付けたいとなるとなかなか大変ですが、自分の趣味で楽しんだり家族や友人を楽しませる程度でしたら、ギター、ピアノ、サックスなどは十分独習できます。

楽器で一つ困るのはどうしても音が出ることですね。もちろん電子系の楽器でしたら自分の練習にはヘッドフォンでききながらすることもできます。

楽器の練習と防音

ピアノや電子系の楽器はヘッドフォンを使うことができますが、サックスやトランペットあるいはドラムなどはそうはゆきません。防音装置を付ければよいのですが、これは場合によっては楽器の値段よりも高くなってしまいます。一軒家に住んでいても大音響を出すと近所迷惑になります。かといって遠慮して楽器を鳴らしていては十分な練習はできません。

そうなると音楽教室が便利です。スタジオで思い切り音を鳴らせます。もちろん個人的に音楽スタジオを借りることもできますが、基礎練習のために頻繁に借りるとなると費用が大変です。エレキギターなどはアンプにつなげずに練習すればたいした音が出ませんから近所迷惑にはなりませんがやっぱり本当のエレキの音を聞きながらする練習とは異なります。


この記事をシェアする